記事リスト

行政手続きの専門家

男の人

行政書士に申請を依頼する

ドラマなどでも良き聞かれる風俗営業許可とは、スナックやホストクラブを開業するためには必須となる許可です。しかし、中には無許可で違法状態のまま経営している店舗もあり、意外と風俗営業許可の申請方法は知られていません。風俗営業許可を取るためにどこに相談すべきなのか窓口が知られていないということも原因の一つです。風俗営業許可のように行政庁に対して許可申請をする場合に、その専門家としては行政書士という資格があります。風俗営業許可に限らず、様々な行政庁に対する申請を代行しており、行政手続きの専門家と言えます。もちろん、裁判における弁護士や不動産登記における司法書士のように、必ずしも行政書士に頼まなければならないというものではなく、自分の力で申請することも可能です。いずれにしても、風俗営業許可申請がどのようなものなのかを十分に理解しておかなければなりません。許可申請を行う場合には、まず申請者が欠格事由に該当しないことが重要です。一定の条件に該当する人は申請資格がありません。また、店舗の構造にも条件があります。部屋面積や部屋の明るさなど細かな条件があります。そして、これらの条件をクリアしたうえで、公安委員会へ申請することになります。風俗営業許可は警察行政が担っているという点が重要です。通常の許可は警察以外の行政機関が担っているため、違反してもすぐに捕まることはありませんが、風俗営業の場合には、警察が直接取り締まるため、法律違反はすぐに逮捕に結びつく可能性があるのです。