記事リスト

対策の際の注意点

頭を抱える人

負担を抑えられる方法

相続放棄とは、故人に多額の借金があったり、相続トラブルに巻き込まれたくないときに相続を辞退する手段です。これらは家庭裁判所で手続きを行えば、相続放棄が認められます。相続放棄をすれば故人からの相続を一切受けずに済むため、負担を軽減できる対策として知られています。しかし、相続放棄をするかどうか迷ったときや、その手続きの仕方について具体的に知りたければ、専門家に相談してみるのがおすすめです。相続放棄を相談できる専門家には、司法書士や行政書士、そして税理士や弁護士がいます。しかし、弁護士以外は代理交渉の権利がないため、裁判になった場合は結果的に弁護士へ依頼しなければいけません。その分の手間や費用の負担を考えれば、最初から弁護士へ相談したほうが負担を抑えられるメリットがあるのです。そして、こういった相談は無料で行っているところもあります。相続放棄の理由で多いのが、借金などの負債を相続したくないことが挙げられます。そのような理由から、相談窓口の一部では無料で相談に対応しているところもあるので、費用に負担をかけずに相談することができるのです。弁護士への相談は、基本的に費用が発生するのが一般的です。しかし、一部の相談内容に限っては無料で行っているところも少なくないため、費用を気にする場合はそういった窓口を利用するといいでしょう。また、相続放棄の手続きは時間が限られています。相続の事実を知ってから3ヵ月以内の制限があるので、長く放置しないように、できるだけ早めに動き出す必要があります。